出稽古 in テコンドー練馬道場 part III

image

みんな元気か。俺は元気だ…ッテバヨ。

ハリウッド映画の鉄則に二作目は盛り上がるが、三作目は駄作に終わるっていうのがあるらしいぜ…ッテバヨ。じゃぁ、何か?俺っちの書いてるこの出稽古シリーズも今回は駄作に終わるって予想してるっていうのかよ…ッテバヨ。上等じゃんかコラ。っていうか、ハリウッドじゃないし…。

さて、何処まで話してたんだっけ?…。あぁ…。そう、そう、「サルコムなんチャラが長い方が速く動けるが…中略…話を聞け。」ってところだったよなぁ。その続きからだ。

師範によるとよ「サルコムエックス(仮)が縦に長く繋がって(連なって)いれば速く動けることは理論上(実験データでも証明済みだが)のこと。しかし、科学実験室のバットの中に寝かせた何にも繋がってない筋肉を電気刺激で動かして収縮速度を出したってだけの話で、地球から重力が無くなった訳でもなければ、繊維の先に腱や骨が付いた訳じゃない。地球上で生活する以上、重力と付き合う事が出来なければ話にならない。筋肉やサルコムX(仮)の重さも無くなった訳じゃない。前にも話したが、筋肉ってのは面積に比例して力を出せるようになっている。つまり動くためには、重さに耐える力が最低限必要で、筋肉が多関節に渡って力を及ぼさなければならない場合には、筋肉+腱+骨+その先にある他の筋肉や骨の重さを十分に支えて振り回すだけの力を出すことが必要で、それを可能にするのが筋繊維の集合体である筋肉の太さ。つまり、横の面積が不十分である場合は、結局速くは動けねぇ。」ってことなんだってよ。

だから筋トレ?それにしても1時間はやりすぎじゃなイカ?って聞いたらよ。「信じないだろうが、理由は他にもある。」だってよ。

これは未々続く…ッテバヨ。

コメントは受け付けていません。